fbpx

ブログ

東京アパートを借りるについて

東京アパートを借りるについて

シェアハウスでは、文化交流や新しい友達の環境や空間を提供することができるけど、個人的な空間を重視し、個人のプライバシーが何よりも重視している場合は、アパートで暮らすのがより適しています。

自分の国でアパートを借りる経験があるなら、手続きはインターネットで写真を見ると、不動産会社の代理か大家さんに連絡して、満足しているなら、賃料を払ってすぐ入居できると思います。 東京がどのようにアパートを借りているかを理解するためにこちらの文を読む必要はないと思うかもしれません。

しかし、東京でアパートを借りるのはそれほど簡単ではありません。 アパートを借りる前に、まだ理解するべきことがいくつかあります。 ここでは、東京で家を借りる時に知っておくべきことや考慮すべきことを理解するために、是非読んでください。

1. 間取りタイプ

まず、東京でアパートを借りるには、アパートの形式と構造を理解する必要があります。

容易かつ明確に理解することができるように、以下の図表を見てみてください。

アパート layout

上の映画と説明を読んだ後、すでに知っていて、見つけたいアパートの概念を持っているべきだと思います。 望むアパートを知っていたた後、どこのアパートに住むかを決めることは家賃にも影響を与えます。

家賃と経費について話す前に、住みたい場所を考えましょう。

2. 場合を選ぶ

住む場所を選ぶことで家賃と経費も決まることは誰もが知っていると思います。 東京に住んでいる場所を考えると、以下の要素を考慮してください。

i. 仕事や学校に通う時間:

郊外に住むのは家賃を節約できますが、代わりに通勤時間かかります。日本では、通勤や通学のために1時間かそこらの日を過ごすことは、日本人にとって一般的です。 しかし、外国人にとっての私たちはそう言う事慣れないと思います。したがって、場所を選択するときは、家賃と場所のバランスを見つける必要があります。

ii. 通勤費:

郊外に住むと家賃からいくらかの費用を節約できますが、日本では通勤費がかなり高くなる可能性があります。 時々、通勤だけで月に約2万円がかかります。

iii. 利便性と電車線:

仕事や学校で週5日どこに行くかを知ることは非常に重要です。

主な電車の駅から1、2駅離れたマイナーな電車でエリアにすむと、家賃を節約できます。

iv. 駅までの距離:

簡単に言えば、アパートが駅に近いほど、それはより高価です。 ただし、駅の近くに住むなら、人が多いので静かではないかもしれません。 近くの電車が地下鉄ではない場合、騒音が発生する可能性もあります。

3. 費用と初期費用 – 一般的な

いくつかの日本の不動産会社または不動産業者と連絡を取ったことがあるならば、日本でアパートを借りることが初期費用はたくさんかかることもう知っているかもしれません。

たとえば、毎月の家賃が8万円の場合、予算の初期費用は約40万円になります。

どうして? 以下のリストを見てみましょう:

詳細 説明
家賃 80,000 通常、初月の家賃は日割りです。
管理費 5,000 家賃と一緒に毎月払います。 建物全体の品質を維持する目的です。
礼金 80,000 通常1ヶ月分の家賃、時には1ヶ月半の家賃に相当します。 日本では、アパートをテナントに借りることに対する大家さんへの感謝として考えられます。
敷金 80,000 テナントがそれから出るときアパートの修理そして掃除のために使用されています。
保証会社 40,000 日本人の保証人がいるでも、不動産会社や大家さんの中には保証会社に申し込むことを要求したものがあります。 通常家賃の約50%がかかります。
火災保険 20,000 念のため、火災保険が必要です。
鍵交換費 20,000 日本では、個人の安全のために、部屋を退去するときに、管理会社または大家さんがドアロックと鍵を交換します。
仲介手数料 80,000 仲介人としての金額、家に連れて行って、契約を準備するなどします。 通常、家賃は1ヶ月または1ヶ月半に相当します。
合計 405,000  

そんなに高い金額を払いたくないですか?

これらすべての費用なしで私達から借りる。 詳細は今すぐお問い合わせください。

物件一覧こちらに押して

こちらで連絡できて、 Facebookで連絡はこちらです